重要なこと

サーバーなどを設置する場合、そのドライブ内のデータ保護が重要な要素になる。それは、ディスク内には重要なデータが格納されていることが通常であり、その消失は大きな損害になるためである。HDDには寿命があり、一定期間使用していると必ず故障することになる。故障するとHDD内のデータが読み出せなくなり、最悪の場合復旧できず、データ消失に繋がる。 このような不測の事態を回避するための方法として、raidを組むということがある。raidはそのレベルにより内容が異なるが、通常は複数のHDDを組み合わせて使用することで、1台のHDDが故障しても、別の同じデータが入ったHDDでカバーするという仕組みになる。最近では、raidを組んでサーバーを構築することが一般的になっている。

サーバーを立てる場合には、raidを組み、HDDの故障や読み出し不良に備えることが通常となっている。これらでは、専門的な知識が必要になり、通常の人ではできない場合が一般的になっている。 そのため、自社内にサーバー環境を構築し、raidを組むためには、専門のサービスを行う会社やシステム会社などに依頼して行うことが一般的になっている。 また、万一HDDが故障した場合には、その復旧についても専門の業者に依頼して復旧してもらうことが通常となっている。この復旧には多くの費用が必要となることが一般的である為、これらを回避するためにも、raidを活用し、HDDの冗長化対策を行っておくことがポイントとなっている。